秋田県立秋田南高等学校

秋田県立秋田南高等学校中等部

Akita Minami High School  and  Akita Minami "Chutobu" Junior High School

平成27年度スーパーグローバルハイスクール指定校

「こまちの里」秋田の高校生が

​「地球村」の食糧問題に挑む!

 本校は、平成27年度から文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の研究指定を受けています。

 SGHとは、高等学校等におけるグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会の課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的としています。その趣旨は、本校の重点目標「郷土や国家を支える高い志と国際的な視野を備えたグローバルリーダーの育成」とも合致します。国内外の大学・高校や研究機関・企業等と連携しながら、生徒の課題研究と、授業改善やカリキュラム開発の研究を通して、この目標達成に取り組んでいます。

 平成29年11月25日(土)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で「2017年度スーパーグローバルハイスクール全国高校生フォーラム」が開催されました。

 本校からは3年の原田雄生さん、2年の今野亜美さんと能美寧々さんが参加しました。

 能美さんと今野さんはポスターセッションで、大勢の聴衆を前に堂々とプレゼンテーションを行いました。

 また、原田さんは全国のSGH指定校からの選抜代表6名の一人に選ばれ、英語の公開ディスカッションで意見を発表しました。

 こうした経験を生かして、論理的思考力や表現力、協働力などにさらに磨きをかけ、力をつけていきたいと思っています。

 平成27年度SGH指定校の中間評価について、平成29年9月29日、文部科学省から発表がありました。

 本校SGHの取組に対し「これまでの努力を継続することによって、研究開発のねらいの達成が可能と判断される。」という評価をいただきました。

 関係各位のご指導とご協力に感謝申し上げるとともに、この評価に甘んじることなく、今後もさらに研究を深めていくことができるよう、努力を重ねてまいります。ありがとうございました。

【文部科学省HP関連記事へのリンク】 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/09/1396726.htm

※外部HPへジャンプします。

 本校高等学校の代表4名が、平成29年7月23日(日)に、NUS(シンガポール国立大学)で行われた「グローバル・リンク・シンガポール2017」に参加しました。

 本校代表が出場したGlobal Issue部門には、アジア各国から本校を含む4高校が出場しました。

 生徒たちは圧倒的なプレゼンテーション力を発揮し、最高賞「Best Presentation Award」を獲得することができました。

 私たちが進めてきたSGH研究が世界の舞台で認められ賞賛されたことに誇りと自信をもちながら、この学びが広く他の高校やふるさと秋田、そして自校の後輩の取組によい影響を与えることができるよう、これからも

​研究を継続してまいります。

 本校高等学校の代表4名が、平成29年3月19日(日)に関西学院大学(兵庫県西宮市)で行われた「全国スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会2017『SGH甲子園』」に参加しました。全国のSGH指定校86チームからの申込みの中、厳しい審査をクリアした25チームに選ばれての出場となりました。

 本校代表は「英語による口頭発表部門」に出場しました。その結果、見事「最優秀賞」をいただくことができました。

 この結果に甘んじることなく私たちの秋田や日本、ひいては地球が抱える課題の解決に向けた提言をしていくことができるよう、これからも研究を重ねてまいります。

レポート「SGH甲子園で最優秀賞をいただきました!」

 

スーパーグローバルハイスクール(SGH)とは

 高等学校等におけるグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会の課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的としています。

文部科学省HP

スーパーグローバルハイスクール専用HP(筑波大学附属学校事務局が開設、運営しているページです)

 

SGH校としての本校の取組

 本校は,平成27年度から31年度まで,文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール」として,グローバルリーダー育成の研究指定を受けています。

 本校が育成を目指す「グローバルリーダー」とは,世界規模の問題を明確に意識して,日本の現状や郷土の課題を海外の事象と比較検証しながら,論理的に考察し,世界全体を意識して解決策を考えるとともに、社会に向けて発信や提言をしていくことができる人間です。

 具体的には,「課題設定能力」「課題探究能力」「論理的思考力」「プレゼンテーション能力」「実践力」の五つの能力を身に付けた人間です。こうした能力を磨き,身に付けていくための課題研究活動として,本校独自の教科「国際探究」を設定しました。

 郷土と日本の課題・海外の課題・世界規模の問題を結び付けるグローバルなテーマとして,生徒の関心の高さと食糧生産基地となっている秋田の地域特性を生かし,「世界の食糧問題の解決」を掲げました。質の高い農作物をはじめとする「秋田の農と食」の特長とその課題を見つめ直し,世界一の圧倒的な食糧自給率を誇る農業大国である「オーストラリアの農と食」を調査しながら,「世界の食糧問題」の解決策を提言します。

 研究を通じて,自己の生き方にその成果を反映させ,社会に働きかけていく発信力や実践力を備えたバイタリティあふれる人間を育成します。

 

学校設定教科「国際探究」

  1. 高校第1学年学校設定科目「国際探究Ⅰ」(2単位-木曜6・7校時)全員

  2. 高校第2学年学校設定科目「国際探究Ⅱ」(2単位-木曜6・7校時)選択希望者
     ※平成28年度から実施

  3. 高校第3学年学校設定科目「グローバル・イシュー」(1単位-前期木曜6・7校時)「国際探究Ⅱ」の選択者
     ※平成29年度から実施

 

本校スーパーグローバルハイスクール構想の概要

 

​SGHカンファレンス(平成28年10月28日開催)

※本カンファレンスはすでに終了しており、申し込むことはできません。

 

​平成27年度の活動内容

【国際探究Ⅰ】

 

​平成28年度の活動内容

【国際探究Ⅰ】(高1)

平成28年11月10日 県内フィールドワーク

【国際探究Ⅱ】(高2)

平成29年3月18日~19日 東北地区SGH課題研究発表フォーラム in 杜の都

平成29年3月19日 SGH甲子園2017

 

​平成29年度の活動内容

【国際探究Ⅰ】(高1)

【国際探究Ⅱ】(高2)

【グローバル・イシュー】(高3)

平成29年7月20日 国際意見交流会 with YFU留学生 (PDF)

 

​平成30年度の活動内容

【国際探究Ⅰ】(高1)

平成30年4月19日 国際探究Ⅰガイダンス

平成30年5月17日 教養講座Ⅰ

平成30年6月12日 教養講座Ⅱ

【国際探究Ⅱ】(高2)

平成30年5月17日 テーマ別研究推進検討会Ⅰ

平成30年6月7日 テーマ別研究推進検討会Ⅱ

平成30年6月16日~17日 国際探究Ⅱ English Seminar

【グローバル・イシュー】(高3)

平成30年4月12日 G.I.ガイダンス

平成30年5月29日 

平成30年5月31日 実践発信活動Ⅰ「グローカル・ミーティング in 秋田市役所

平成30年6月15日 実践発信活動Ⅱ「グローカル・ミーティング in JA秋田中央会